楽しみ 聖地巡礼

浪江町から都内に帰るのだ 海鮮丼からの帰り道

更新日:

時刻表を見たとき、これは計画的に帰りの時間を決めなくては。
ということだ。

 

都内にいると、電車はいつでも来るから「きた電車に乗ればいい」と言う感覚。

 

これでいると帰れないことがわかった。

 

電車は一時間に2本くらい。
しかも途中までしか行かなかったりする。

スポンサーリンク

 

浪江から直通で山の手線内に着く電車なんて無いのだ。
途中で何回か乗り換えて、ようやく山の手線内に辿り着く。

 

時間を見誤ると、家に着かなくなることもあり得る。

 

アタリマエのことかもしれないが、都内にいるとその感覚はない。

 

今回の旅行、青春18きっぷで日帰りする。
と、言うのが前提だった。

 

浪江町滞在時間もそこから導き出した。

 

地元駅に終電の3本前には帰りたい。
これは途中でなにかあって1本電車を違えたときの予備も含めた時間だ。

 

浪江駅到着が13時15分
約3時間半の滞在だ。

 

16:46いわき行きが5分遅れで来た。

 

18:56日立駅いっぱい乗ってきた。
この駅の前にトイレに行けばよかった。
座席ほぼ埋まった。

 

座席確保を優先したので、トイレは我慢した。

 

常陸多賀駅6分待ち
特急通過

19:33勝田駅 3番線発車
始発駅なのか?乗車人数が少ない。
1号車にトイレあるのがわかった。

スポンサーリンク

 

つぎの水戸駅で半分くらいの席が埋まった。

 

帰りの電車では、乗り換えに6分~10分と、短かった。
身体が常に電車で揺れている、といった時間を過ごしてわかったのだが、乗換駅では30分くらいの乗り換え時間があったほうが良い。

 

身体を休める時間だと思った。

 

往路は乗り換えに最低で30分あったので、特に感じていなかったが、電車の揺れでの身体の疲れっていうのはかなりきつい。

普段乗りなれていないからかもしれないが。

 

 

■浪江
|  常磐線(いわき行)
|  16:46-17:45[59分]
|   ↓
◇いわき     [10分待ち]
|  常磐線(水戸行)   ↓
|  17:55-19:27[92分]
|   ↓
◇勝田     [6分待ち]
|  常磐線(上野行)
|  19:33-21:40[127分]
|   ↓
■日暮里

 

 

浪江女子発組合のみなさんが食べた海鮮丼を浪江町に食べ行くだけの旅

スポンサーリンク

-楽しみ, 聖地巡礼

Copyright© 遊んでますAyumu , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.